プロフィール

おれぐら

Author:おれぐら
種類  イタリアングレイハウンド
名前  UNO
性別  女の子
誕生日 2006.09.29

いくつになったの

*script by KT*

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

10 | 2008/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
2006年の11月、小さなイタリアングレイハウンドとの生活が始まりました。 日々を記録していこうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
いのち力

新しい命は悲しいことを全て払拭してくれるほど力強いパワーを持っています。
これから生きる、真っ白でピカピカの生まれたての命♪
本当にかわいいーっ!!!強い光のオーラを感じるほど、美しい存在♪
日曜にまた、ウメ家のカメ君をみせてもらったらこんなに頼もしく育っていました。
笑っちゃうほど、人に力を与えてくれる頼もしさ(v^ー°)


こんなに頼もしいカメちゃん
a 239
ピクピクもにゅもにゅと自由な感じが個性的なカメちゃん♪
a 234

*************************

そしてウチのワンコ「UNO」ちん♪この子も私の毎日のエネルギー源♪
先週、ミュウまま様が我が家の近所で朝から用事があったらしく朝から「城南島にいるよ(・з・)~♪」
とのメールがきました。
その頃、私は二度寝から目覚めたばかり、、(笑)
なので、UNOとミュウちゃんを遊ばせたいあまりにミュウまま様に私のお迎えをお願い。
今度はうちのお庭(!?)で遊ぼうとずうずうしく提案し、来ていただきました。
この日は暖かく、とても気持ちのいい日でした。
a 115
UNOはいつも自分が遊んでる場所にミュウちゃんが居ることを心の底からよろこんで
いました。
この二頭は前世でつながりがあったのか!?とミュウままも私も思うほど
めっちゃくちゃ仲良しなのです。
a 120
かんてえ~かんでえ~♪(ちなみに飲んでえー飲んでーの替え歌です)
a 199
かまれてえ♪
a 129
かんでえ~♪
a 130

a 140
遊んでもらうためならあの手この手のUNO
a 195

ミュウちゃんの覗くものは

a 164

UNOも覗く
a 176

a 126


a 203
a 206
a 200
a 208

a 217

a 209
a 216

のびのびと広い場所を走りまわりじゃれあうミュウちゃんとUNOをみて
本当に幸せな気持ちになった日でした。
まるで自分が走り回ってすっきりしたくらいです。


*************************
後で削除するかもしれませんがちょっくら思ったことを書きます

先日、UPしました
迷子になったイタグレちゃんがまだはっきりしませんが、あまりいいお知らせが
出来なさそうです・・・・

生きとし生けるものは全ていつかは天国へ旅立つ日がある。
私は、数年前実家で飼っていたワンコが痴呆症から始まり、老化と色々な病気で衰弱してた頃、
たまたま帰省していて最後の数日間を一緒にすごしました。
動物病院では内臓系の手術を勧められましたが、どうみても絶対に全身麻酔に耐えられないと
確信がもてるほど、老化と衰弱が激しく、私はこれ以上その子をくるしめたくなく
手術を断り、家ですごし毎日病院へ通い、点滴治療だけにしてもらいました。
その数日間で、日に日に弱りやはりこの子はもうすぐ天国へ行くんだと覚悟しました。

私も、大統領も、誰もかもいつかは天国へ行くので仕方ない、と強く覚悟しました。
愛犬がいなくなったむなしさ、大きな大きなぬぐい切れない後悔、寂しさ、
そして会えなくなってしまった
悲しみは時間がたってもそんなに癒されませんが、そんな存在への依存の感情は
この世界にいるものだけが
勝手に感じていることであって、実際に私が天国へいったらそれこそ
現世の方が大変で、天国がパラダイスで毎日がわっしょいわっしょいお祭り騒ぎの
笑いでいっぱいの世界♪かもしれない、とか思うこともあります。
いつも自分に置き換えて色々考えてしまいますが
もしも自分がまぁ120歳まで周りに愛されて生きて(←勝手な妄想笑)
そしてその命の終わり時がきても
私の周りの人にはいつも笑っていてほしいのでどっかで
開き直ってどっかで覚悟してどっかで2つ3つの世界感をもって
物事を考えてもらえれば深い悲しみが少しは緩和される瞬間が増えるかなっと思います。



スポンサーサイト
【2008/11/17 21:44】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(6)
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。